普賢岳 標高1483m

島原遠征

活動標高差
635m
活動距離
12320m
活動時間
8:06

今年のGWは由布岳デビューをしようと1ヶ月前から車だの電車だの旅館だのかなり綿密な計画を立ててたんですが、とてもそれどころではない事態になってしまったので、急遽計画練り直しに。

さてどうしたものか。

GWに車使うと大幅に時間が狂いそうなので、それ以外の交通手段で行けるところがいいな。

旅気分を味わいたいからユースホステルは由布岳の計画から引き継ぎたいな。

そのへん踏まえながら探してみると由布岳のように博多から高速バスで直行できるところに島原が。
そういえば普賢岳も一度行ってみたかったんですよね。

ただ、長崎と言っても熊本に一番近いところなので震災の影響をひと通り調べたんですが、とりあえず被害は出ていないようです。

ということでここに決定。

交通手段を調べると高速バス以外にフェリーを使う方法もあるみたいです。



三池島原ライン| 福岡から島原までの最速ルート

乗り継ぎが多いのがちょっと微妙ですが、つながりは良さそうだし、フェリーのほうが旅気分が出そうなのでこっちで行くことにしました。

天神7:30発なら7:00までに天神に着いておく必要があって、7:00までに天神に着くなら姪浜を6:30には出発しないとで、姪浜に6:30なら6:25のバスに乗って…よし。カンペキ。

そして当日。

5:00には起きてわりと余裕で準備していたんですが、なんか昔のアニメに引きこまれて気付いたら6:30になってました(爆)

まぁこんなこともあろうかと、1本早めに計画立ててたのでまだ保険は効いてるのです。計画的なのか無計画なのか。

しかし電車はいいけど、そこに行くまでのバスはもうありません。仕方なくスーツケース引きずって駅まで30分歩きました。歩きましたっていうかもう競歩でしたけどね。

スーツケースで競歩って結構な高負荷スポーツだと知りました。

いきなり汗だくのスタートで先が思いやられますね(笑顔)

電車内のスーツケース率が高い。いいですねー連休気分ですねー。

そして7:15天神到着。7:30大牟田行きの特急を待ちます。

……やっとここから普通のペースに戻れる…。

ところで30才にして初めて知ったんですが、西鉄の特急って予約とか指定席とかないんですね…。在来線の停車駅が減っただけなんですね…。

普通の車内

うーん…スーツケースの置き場がない!

網棚には収まらないし。

普通の座席とは予想してなかった…それもベンチシートならまだしもこのタイプだと本気でどうしようもないな。もう立つしか道が残されてないけど1時間立ちっぱなしはちょっと…。

仕方ないので足を置く場所にスーツケースを置いて、足はその上にあぐらかく感じで座りました。

エコノミー症候群とか比較にならないぐらい体に悪そうです。

3分の1ぐらい走ったあたりでおじさんが隣に座り、さらに窮屈に。

しかしこのおじさんがとても話上手で終点までずっと話してました。
どうも昔登山してたらしく、最近息子さんが登山に目覚めて、その息子さんと僕が同じ年ぐらいらしく、気になって話しかけたらしいです。

旅の出会いって感じでとてもいい感じのスタートが切れましたね。

話してるうちに大牟田到着

おじさんは三池炭鉱に行くとのことでここでお別れです。良い旅を。

バス停はどこかな?

あ、あった

乗り換えが多いわりに乗り継ぎの時間がほとんどないので、乗り遅れないか気になってましたが、これならその心配はありませんね。

ただここに来るバスは港行きだけじゃないので、間違って乗らないようにだけ注意です。

港に到着。降車場からそのまま直結です。

おー船だ船だ

やっぱ船は旅気分が一気に盛り上がりますね。


スーツケース置き場がありがたい。
パンフレットもらいました。

なんとなく見てたんですが、これ結構使えますね。
この手のパンフってせいぜい100円引きぐらいな印象ですが、1000円が無料って結構なもんですよ。

レンタサイクルで山は厳しいかな…とか考えてたんですが、このパンフに普通に山までレンタサイクルなコースが紹介されてるし大丈夫そうですね。

山に挑戦してるっぽいコースが。

・・・・

うーん…結構うるさいな…;

外のほうが開放感あっていいかなとか思ってましたがそのへんのドーブ()なクラブよりうるさいです。
やっぱり室内に入ることにしました。

席はほとんどがら空きでゆったり座れました。

島が見えてきた。

島原外港到着。
あ、レンタサイクル。

よし、借りるぞ。

とりあえずスーツケースを預けなければ。

島原駅には荷物預り所があることを下調べで知ってましたが、この島原外港にはその手の情報がなかったので、どうしようかなと。

最悪、宿泊予定のユースホステルに荷物だけ先に置かせてもらえないか聞くつもりで。

窓口の人にレンタサイクルを借りるついでに聞いてみると、コインロッカーがあるとのこと。

おお、この大きさならスーツケースも大丈夫だ。
ピッタリ。
さっそく無料チケットが活躍しました。
すごい。電動じゃないですか。
それじゃ、島原の旅へレッツゴー。
うおお、早い、早いよー文明開化バンザイヾノ。ÒㅅÓ)ノシヒャッホウ

あ、そうだ。先にユースホステルの場所を調べとくつもりだったんだ。
島原外港のすぐ近くにあるはずなのでUターン。

ありました。屋根がステキ。
ということで確認できたので山へ向かいます。

島原には大きく2つの山があるようです。
1つは言わずもがな普賢岳。もう1つは眉山。

普賢岳は明日に譲って今日は眉山に行ってみようかと。

目の前にはずっとそびえ立ってるんですが、なかなか着きません。

GPSも取り出して登山口らしきところにも行ったんですが、ちょっと目を離したすきに通りすぎてしまい、それが3回ぐらいやり直しになったところで、坂道登ったり下ったりを繰り返し、さすがの電動自転車でもキツくなったので諦めました…。

3回も行ったり来たりして結局登山口わからなかったんだけど、どこにあるんだ…?

さて、この時点で11時。結構いい時間になってしまいました…。

今から普賢岳はちょっと厳しいですね。

予定変更。

今日は登山諦め。明日の普賢岳がスムーズに行くように下見に費やすことにします。

さっきもそうだったけど、どうしても山が見えるほうに向かってしまう。

それなりに坂道を登っていったわけですが、この道は開発用の道だったようで結局間違いでした…。
この橋が唯一普賢岳に通じてる道みたいです。

ていうかやっぱ自転車で山に行くのはムリがありましたね。地図の等高線見ると、まだ全然坂道を感じさせないレベルなのにだいぶきついです。
ここからさらに急な坂が今までの何倍も続くと思うとどれだけ無謀なことやっていたのかって話ですよ。

この道は島原外港から普賢岳を経由して諫早までバスが走っています。
明日は島原外港からこのバスを利用して普賢岳まで行くことにします。

そして自転車のバッテリーがマズイっていう。
仕方ない。デポさせてもらおう…。
大野木場バス停から乗ります。
11:46の便に乗ろう。
子どもが鯉のぼり持って走っていきました。いいですね(*´_`* )
今日デビューの中華ザック。意外とちゃんとしてます。
下り側のバスが来ました。こっちももうすぐかな。
乗りました。早い早い(๑✪∀✪)
今さらIC?と思ったら平成14年の告知だった。ていうかこれが元祖だったの!?すごい!
こんな上り坂を自転車で行こうとしてたのか…。
着きました。帰りのバスを確認しとかないとですね。
わいてますね~
お、地図あるのかな?
フィールドライフのリアル版初めて見た。この雑誌すごいですよね。
カフェ行きたかったけど山スタイルでズカズカ踏み込める感じじゃなかったのでまた今度。

登山口を確認すると逆方向に歩いていたことにここで気付く。

来た道を戻ります。

温泉街をはずれて仁田峠の方へ歩いていきます。

地図ではこの先を国見岳の方に左折することになってるけど…? 目指すのは仁田峠だよな…(?_?)
と思ってたら、左折してすぐのところに入り口がありました。

ってここさっきバスで走ってきた道じゃないか。

雲仙の手前で降りたほうがよかったですね。2つ手前の「ゴルフ場」が一番ここに近いです。

さて登ろうかというところですが…
何も食べてなかったので先に食べます。

食べ終わったらもう14時になってしまいました。10時前に着いたのにまさかこんな時間になるとは…。

今日はもう登山ムリですね。

仁田峠まで行って戻ってくることにしましょう。

この道、半分石段みたいになってて地味にきついな…。

仁田峠到着。

ゴールが駐車場というのがなんともアレですが…まぁまた明日。

明日はあそこまで行くぞ。

同じところから野岳という山に行く道もあって、30分ぐらいで行けるみたいなので、迷いましたが、自転車が返却できなくなるので、また今度。

バイクでツーリングに来ていた方としばらく雑談。この時期にこの人の数はとても少ないと言ってました。
熊本と海はさんですぐだもんなー。

その後、下山して雲仙まで戻ってきました。バスが来るまでちょっと時間あるので地獄めぐりを。

バスで帰ります。

・・・

・・・Σ(~o~ )ハッ

しまった!

いつの間にか寝てしまってた!

「次は〜記念碑前〜記念碑前〜」

え?記念碑前? 記念碑前って確か…。

ああっ 乗り過ごしてる! ガーン

まずい。

自転車返却まであと30分しかない。

乗り過ごしたのが1駅だったのは不幸中の幸いでしたが、上り坂を15分ぐらい走るはめになりました。
一日終わったテンションからのダッシュは結構きつかった…。

しかしそこからの自転車の早いこと早いこと。自転車がこんなに頼もしく見えたの初めてでした。

島原外港まではひたすら下りの一本道なので10分もかからずに到着。時間前に返却できました。

あーよかった…。

では、宿泊先のユースホステルへ。

歩いて5分です。

予約が全部キャンセルになったということで、一人なのに個室が用意されていました。
相部屋でユースホステル独特の感じを楽しみにしてたので、嬉しいような残念なような。

夕食。民宿みたいな感じでいいですね。

食事の部屋は20席ぐらいあるんですが、誰もいないので一人で食事 笑
普通はいろんな人がごった煮なんでしょうねー。

自分ひとりのためにお風呂沸かしてもらったのが悪い気がするな。

そのまま寝ました。一日目はこれで終了。明日はいよいよ普賢岳です。

広告
公開日:
↑
single