ダナーライトの半額以下!? ダナーの常識をひっくり返す期待の新星登山靴「ダナーフィールド」

3年間の登山ライフを支えてくれたキャラバンのC02-S

登山始めてもうすぐ3年…まさかここまで続くとは…(_´Д`)_
どうせすぐやめるだろ、と思ってほとんどの道具をAmazonで売ってるうさんくさい中華格安アイテムで揃えてきた僕ですが、唯一お金をかけたアイテムがあります。

それは登山靴!

登山においてザック、登山靴、レインウェア、この3つは命に関わると言っても過言ではない重要アイテムで、ケチってはいけないと言われています。

中でも登山靴は品質が露骨に影響する道具であり、合わないものや、品質が低いものを使えば、一歩踏み出す度に無駄な体力を消費したり、正しくグリップできなければ、滑って足を踏み外し谷底へ滑落なんてことにもなりかねません。
まさに命の危険に直結するアイテムと言えます。

そんな登山靴、僕がこれまで3年間使ってきたのはキャラバンの「C1-02S」。

詳しいレビューは「登山靴 キャラバン「C1」」に書いてますが、登山靴を履く人で知らない人はいないであろう定番中の定番「キャラバン」ブランドと言う時点で他の追随を許さない信頼感が保証されるわけですが、実用的な面でその良さを痛感したのがフィット感でした。
靴の形、足の形は大きく「幅の広さ」「甲の高さ」で分けることができます。

一般的に日本人は幅は広く、甲は低い人が多いと言われます。
自分も例にもれず幅広で、大抵の靴は指のつけね部分、つま先立ちしたときに曲がる部分が常に突っ張った状態になり、そこから破れたり剥がれたりしていました。

靴のおおよその形はだいたいメーカーごとに傾向があり、キャラバンは幅広の傾向があります。キャラバンと二台巨塔と言われる「シリオ」は幅狭なので、この2つで足の形に合わせて選ぶのが最もオーソドックスな選び方と言えます。

そんなキャラバンのC1-02Sですが、3年履き続けて気付けばソールがかなりすり減ってしまいました。
ソールだけ張り替えることもできるんですが、10000円ほどかかるらしく、それならもう少し頑張って15000円で新品買ったほうがいいような気がしたので買い替えを考えました。

何の不満もなかったので、同じものを買おうかとも考えたんですが、ふと、革の登山靴に挑戦してみようかなと。

2足目には憧れだった革の登山靴を

もともと革が好きで、靴は全て革靴です。スニーカーを履いたのは大学生のときが最後ですね…。
カバンも財布も手帳も革です。
登山靴も革の登山靴を見るたびにかっこいいなとうらやましく思ってました。
でもタウンユースならともかく、登山で使うとなると頻繁にひっかけたりぶつけたりするわけで、その度に「うわっ、傷つけてしまった!」なんて神経質になるのが嫌だし、手入れも楽しめるレベルを超えてしまいそうなので、敬遠していたところがありました。

あとそもそも価格が高い。
何の不満もない靴が1.5万で買えるのにロマンのためだけに5万も出さないですよね。
が、そんなところへタイムリーに飛び込んできたのが「ダナーフィールド」の記事。

ダナーの常識を覆す新商品「ダナーフィールド」

ダナーフィールドは2018年に登場したばかりの新作ブーツです。
なんとなくアウトドア系のブログを見ていて、目に止まったんですが、このダナーフィールド、ダナー登山靴の代名詞とも言える伝統的な名作「ダナーライト」のエッセンスを引き継ぎながら価格を2.7万円とダナーライトの半額以下まで切り詰めたという驚愕の価格破壊モデルなのです。

2.7万円・・・!

さすがにキャラバンC1-02Sの1.5万円とまでは行きませんが、それなら充分現実的に考えられる範囲に入ってきます。

見た目もパッと見はダナーライトと区別がつきません。

急に候補に入ってきた革靴にテンションが上がり、これを第一候補として検討することにしました。

ダナーフィールドとダナーライトは何が違うの?

見た目はほとんど同じで、ダナーを持っている人でもなければ見分けることはほぼ不可能なレベルですが、じゃあ逆に何が違うのかと。
価格が2倍も違うならかなり大事な部分に差がつくはず。

まず、ダナーライトのアイデンティティとも言える大きな特徴は、アッパーにフルグレインレザーとコーデュラナイロンのコンビネーション、防水透湿性の再考テクノロジー「ゴアテックス」採用、ソールにはあの世界一滑らないと言われるビブラム社のソールを採用している点です。

一番価格に響く部分はこの部分なので、ここの品質を削ってるに違いないと思ったのですが…。

レザーとソールは同等品質

なんと、ダナーフィールドもフルグレインレザーとビブラムソールを装備していたのです!
もちろんゴアテックスですよ。

これには驚きました。心臓部となるレザーとソールは本家ダナーライトと全く同じクオリティを担保していたのです。
じゃあ、一体どこで…?

ナイロン生地と生産国に差があった!

見た目は同じに見えるナイロン生地、本家ダナーライトはインビスタ社のコーデュラナイロンを使用していますが、ダナーフィールドはただのナイロンです。
意識して見ると分かりますが、生地の頑丈さが全く違います。ダナーライトは縫い目の1本1本が非常にしっかりして密度もすごいです。数値で言えば1000デニール!
一方、ダナーフィールドのナイロン生地はまぁ普通で、しなやかな感じ。服で言うならTシャツと柔道着ぐらいの差があります。実際のところ、コーデュラナイロンは普通のナイロンの7倍の強度と耐久性があるとされ、登録商標としてその価値が保証されています。

アウトドアはもちろん、過酷な軍事環境でも採用されているほどでその品質には疑う余地がありません。
リュックやブリーフケースなどにも使用されているものがあるので、アウトドアにそれほど興味がない人でも目にしたことや名前を聞いたことのある人は多いんじゃないでしょうか。

そしてもう一つ、ダナーと言えばメイドインU・S・A

( ゚∀゚)彡 U.S.A! U.S.A!
 ⊂彡

アメリカンドリームです!

ブーツに光る星条旗タグとレザーに型押しされた「MADE IN U.S.A」の刻印がかっこいい!
しかし、ダナーフィールドにはそれがありません。どこで作っているのかと靴の中を調べるとひっそりと「MADE IN VIETNAM」の文字が。
そう、ダナーフィールドはベトナム産なんですね。
一眼レフのカメラなどでも見られる現象で、ミドルクラス以上のカメラはMADE IN JAPANですが、エントリークラスになると見た目は同じでも生産国が東南アジアになってたりすることはよくあります。
その点においてはメリットはコストが安いことだけで、品質的な優位性はなく、ここが明学なコストカットポイントと言えるでしょう。

逆にダナーフィールドの方が優れている点も!

しかし、ダナーフィールドが負けっぱなしかと言うとそんなこともないのです。
それはインソール(中敷き)。
「中敷きかよ…」と思ったあなた! スポーツにおけるインソールの重要度をあなどってはいけません。

長時間の運動で蓄積される疲労、またそれが引き起こすケガのリスクはインソールで大きく変わります。

また、現代人は扁平足やゆがみなど、そもそもの足の形が疲労やケガにつながりやすい状態になっているケースも多く、それを矯正、サポートするのにもインソールは有効です。

普通のインソールは百均でも買えるただの厚紙ですが、本格的なものは1万円以上します。
靴が一足買えそうな勢いです。

そんな大事なインソール、ダナーライトにはインソール自体がそもそもありませんが、ダナーフィールドはOrtholite(オーソライト)社のカップインソールを採用しています。

オーソライト

オーソライトのインソールはここ数年で注目が高まっていて、ナイキ、アディダス、メレル、サロモンといった名だたるスニーカーブランドが採用している信頼と実績のインソールなのです。

具体的な特徴としては、

・軽くヘタリにくいので、本来のクッション性が長く持続する
・通気性に優れ、ムレがちな靴の中も快適
・抗菌・防臭効果が他界

といった感じで、もはやインソールに求められるもの全部満たしてるんじゃないのこれ、みたいな勢いです。

(編集中)

広告
公開日:
↑
single-gear