宝満山 標高829m

行者道に挑戦!

活動標高差
691m
活動距離
7990m
活動時間
6:12

先週は台風、先々週は寺の年度行事で2週間山に行けてなかったのでちょっと久しぶりな感。
前回宝満山に行ったとき、新ルートを行ってみたかったのですが足が完全に音を上げていたので断念しました。
今日はそれをメインの目的にします。

広告

かまど神社到着

ここからいつもの神社の左側ではなく右奥に進みます

5分もしないうちに山道に

分かれ道

右は通行止めだそうです

おっ、これは松の葉!

寺の護摩行で使う火付け用の松がなくなってきてたので去年ぐらいからどうしようか悩んでいたんですが、まさかそのときは自分が山に入って取ってこれるようになるなんて考えもしませんでしたね。

ということで持って帰れそうなものを探したんですが、これがなかなか見つからない。

杉は間伐など手入れがよくされているせいかそこらじゅうに落ちているんですが、松はそういうのがないのかな。

なんとか見つけた

密かに松を見つけたら持って帰る計画はあったので、ナタとノコギリは持ってきてあります。

切ります

ハァハァ…(´Д`;)

切れた(ΦωΦ)ノ

やばい、全然入らん

仕方ない…これで行くか(´ι _`  )

しかしこのままだとさすがに電車とか乗るのはばかられるな…あとでどうにかしないと。

愛嶽山山頂らしきところに到着

足置ける場所がほとんどない急階段の先に

ほこらがありました

役行者が脇侍のパターン初めて見た

伊綱権現?聞いたことないな…神道かな?

やっぱり神様っぽいけどなんの神様かわからず

ということで先に進みます

それにしてもヤブ蚊がすごい。
周りを延々と飛び回っているので耳元はずっと羽音がやまないし、目にはめっちゃ飛び込んでくるし。

こういうときは耳に手ぬぐい、目にはサングラスだ!

まさかここでいつかのセレブサングラスが活躍することになるとは…!

しかし背中には丸太背負って手ぬぐい巻いてセレブサングラスってもう違和感しかないですよね。
両手にナタとノコギリ持てば和製ジェイソンの完成です。
このまま下界に戻れば職質は必須でしょう。

とりあえずこれでだいぶ防御できたものの、とにかく数が多いので追いたくられるようにして先へ進むと、ひらけた場所に出ました。

ようやく虫の呪縛から解放された…。

このへんでこの丸太どうにかしておきましょう。

再びノコギリで細かくしていきます。

収まった!

これで人間界に帰れる。

広告

愛嶽山を下って鳥越峠の分岐までました

なるほど、さっきの本尊はカグツチノミコトだったのか

って言っても志々雄の最終秘剣ぐらいしか連想できてませんけどね。

ここからの選択肢は3つ。かもしか旧道、かもしか新道、行者道。

かもしか旧道って子供禁止とかいうガチ感の漂う道らしいのでとりあえず今回はないな。

かもしか新道か行者道。

ここまでの愛嶽山の道も初で、松切るのに思いのほか体力を使ってしまったこともあったので、多分この中で一番無難な行者道を行くことにしました。

行者道を選択

下山はうさぎ道にも挑戦したいし。

最初のほうはこまめに案内があって安心。

大きい岩。これを右に行くと言ってたな…

ネットで以前読んだ情報をうっすら覚えていたからよかったですが、これは確かに左に行きたくなりますね。

ただ、分岐の場所では左の道のほうがハッキリしているんですが、少し進むといきなり道が途切れるので、そこで無理やり進まなければ大丈夫そうではありますが。

こっちに行かないといけないんですね

行者道は、いい感じの傾斜で登りやすい道だなと思いながらもなんかやけに時間がかかりました。

ひらけた!着いた!と思ったらまだ着いてなかった…

GPSで今自分がいる場所が全然動かないので受信できていないのかと思ったほど。

正面ルートは賑やかで景色もいろいろ変わっておもしろいですが、石段が続くのがキツイですが、行者道は傾斜がずっと変わらなくてペース配分がしやすい気がします。

普通に山登りしたいときにはこっちのほうがいいかも。

こんなふうにルートごとに個性が違うのも宝満山の人気に関係があるのかもですね。

おおっ、あれは中宮の!

やっとここまで来た…。

正面と合流して一気に人が増えました。

そして頂上へ。
ラーメンを食べましたが箸を忘れてしまったので、枝で即席の箸を。
思ったほど食べにくくはなかったです。
ただ2本で食べようとするとかえってむずかしいので1本でいいですね。
普通の箸よりからむので1本でも意外に食べられます。

広告

下りはうさぎ道へ初挑戦

これも歩きやすい道が続きます

林道に合流

・・・どっちやねん!

地図で確認すると実際どっちでもいいみたいです。
左はすぐに正面ルートに合流で、右はかまど神社まで直結するルートのようで。

なんか立派な門

こんなところにすごいですね

昔の遺構にしてはずいぶん立派な門だと思ったら奥に寺があるみたいですね。

出口

もう秋ですねー

かまど神社到着

バス到着まで時間があるので休憩

アイス食べます

まほろば号で帰ります

そのまま天神の駅ロッカーに荷物預けて中洲ジャズでウェーイヾ(*ΦωΦ)ノ
広告
公開日:
↑
single