宝満山 標高829m

難所ヶ滝ツアーに参加してきました!

活動標高差
583m
活動距離
8170m
活動時間
4:00

地元の宇美町で難所ヶ滝ツアーがあるとのことで参加してきました!

わが町宇美町主催のツアーです

朝7時。天気予報を見るとわりと晴れ的な感じ。
この三連休ずっと曇りの予報で、天気的にはあきらめてたところに嬉しいニュースでした。

ただ最低気温は3度…これはつららには厳しい暖かさですよね。
昨日も一昨日もそんなに寒くなかったもんなー。
まぁつらら見れなくても晴れてるだけで登山自体は楽しめるからいいか。

8時、一本松駐車場に到着。
なんかガチな感じな人ばかりで「え、難所ヶ滝ってそんなハードなの…?」って腰が引けたんですが、このツアーの会の人たちでした。集合は8時半なので一般の人はまだ全然来てなかっただけみたいです。

8時半になって受付開始時間になったので人が集まりだしました。

受付します

全部で50人ぐらいいたかな?

9時開会式。

開会式早々につららがないことをぶっちゃける会長殿

会長w
せっかく前の人が「見れるかどうか微妙だけど見れるといいですねー」的な感じにぼかしてたのにw
いやまぁみんな分かってましたけどね。
そのあとに「つららが見れなくてもどっちにしても登山は楽しい」というお言葉をいただきました。
いやぁ全くその通りでございます。さすが会長。

そして出発。

出発〜

数珠つなぎでひたすら登っていきます。

分岐を右に行きます

ルートは分かりやすくて迷うことはなさそうですね。
しかし案外キツかったです。やっぱり自分のペースじゃないと疲れは倍増しますね。

最初の休憩

沢を渡る

小つらら(が見れるはずの場所)

途中2回ほど5分休憩をはさんで1時間半ぐらいかけて難所ヶ滝に到着。

うわ−すごい!これが

難所ヶ滝の看板かー(昭和のギャグ)

…えー、はい。
予定どおりつららの気配は全くなく、もはやただの岩壁でした。

理想と現実のギャップ

アイゼン用意してましたけど1ミリも必要なかったです 笑
まぁそれもまた良しですよね。
ルートは分かったことだしまた2月ぐらいに寒くなったら来てみようと思います。

…さ、下りましょう 笑

下山直後のほっとした瞬間に絶妙なタイミングで「ぜんざい」の看板が目に飛び込んできたので、誘われるようにお店へ。

下山直後にこの看板は卑怯だと思います

ということでGO

いい雰囲気

木製のメニュー

ぜんざい以外にもいろいろあったのでパスタも注文することに

スモークベーコンときのこのペペロンチーノ

ぜんざい

よく見たらこの薪ストーブ本物じゃないか

小学生のころ遠足で来てたときからこの場所にあったような気がしますが、宇美町のこんな場所にあるカフェとは思えないイイ感じに落ち着いたお店でとてもよかったです。
今度から宝満山のあとはこのカフェがお決まりのコースになるかも。

広告
公開日:
↑
single