登山初心者のザック選び-お店で選ぶ-

試着の重要性

それじゃ、今回もザックを選ぶにあたってのポイントを確認していこう。
よろしくでーす。
ザックを選ぶときに一番重要なポイントはなんだと思う?
真っ先に思い浮かぶのはサイズかなー。大きいのを買うべきか、そこまで大きくなくてもいいのか…。
サイズも確かに重要だが、一番重要なポイントはそこじゃない。
じゃあ、機能性?
ポケットの使いやすさとかベルトのフィット感とか。
半分正解といったところかな。
正解は「フィット感」。
いま挙げたとおり、ザックを選ぶときは大体サイズと機能性ばかりに注意しがちだが、実はそのあたりはそこまでシビアに考えなくてもわりとどうにかなる。
しかし、フィット感は最初にしっかり合ったものを選んでおかないと、そのズレをずっと引きずることになる。
フィット感ってなんかわかりそうでわからなさそう…。
素人だと合ってなくてもなんとなくOKな気分になりそうなんですが…。
まずは「背面長」の記事でも紹介したとおり、背面長が会っているか確認すること。
ショルダーストラップが肩から浮いているようであれば背面長が合っていない。
ということは背面長が合っていないザックはその時点で選択肢から外れることになるんですね。
それなりのメーカーであれば、同じモデルで背面長だけ違うタイプを用意してあることが多いから、そこまで心配しなくても大丈夫だ。
モデルによっては、背面長を自分で変えられるものもある。
それなら安心ですね。
選択肢はきちんと用意してあるからしっかり自分に合ったものを選ぶことが大事だ。
次にウエストベルト。前の記事でも言ったとおり、ここが一番ザックの重さを支える部分になる。
短すぎてキツすぎたり、長すぎてユルユルになったりしないか、重いものを背負ったときにウエストが痛くならないようなクッション性はあるか、など確認しよう。
ささいな不快感を見逃さないようにしたい。
店ではちょっとした不快感でも実際の登山では何倍にも感じることが多いからな。
重さは店で確認できるんですか?
きちんとした登山用品店ならおもりを入れて、実際のザックの重量感をシミュレーションすることができる。
遠慮せずに聞いてみるといい。
逆にそれを面倒がるような店では買わないほうがいい。
肩と腰のベルトを確認して…他には?
背中(バックパネル)がきちんとフィットしているかも重要だ。肩と腰に多くの荷重がかかるとは言え、背中で分散できればより軽く感じる。
どれだけ多くの面積で重さを分散できるか、という感じで考えるとわかりやすいかもしれない。
女性用のザックがありますが、これは見た目のかわいさの問題ですか?
それもあるが、何より女性の体型を意識したフレームになっていることが大きい。
同じ容量でも背面長を短くしてあったり、胸を締め付けないようにストラップの形が工夫されていたりする。
女性は積極的にこちらから選ぶといいだろう。
フィット感を確認するときのポイントがだいぶわかった気がします。
じゃあ、次はいよいよ容量選択のポイントを確認していこう。
広告
公開日:
↑
single-start