低い山しか登らないし山岳保険なんていらないでしょ?

山岳保険には入っているか?
入ってないでーす。
当分は1000メートル以下の低山しか行かないから、アルプスみたいな雪山登るわけでもないし別にいいかなって。

あ、そういう感じで来るんだ。新しい展開ですね。
山岳保険は山に登る限りは加入必須だ。
それは登る山のレベルに関係ない。
1000メートルレベルの低い山で遭難ってあるんですか?
ある。
むしろ、低山だからとタカをくくった結果、高い山以上に遭難率が高くなることもあるほどだ。
高い山だと吹雪で眠くなって「死ぬなー」みたいな展開が想像できますけど、地上と変わらない雰囲気の低山で遭難…イメージつきにくいですね。
遭難は吹雪で生死をさまようなケースだけじゃない。むしろそっちのほうがレアケースだ。
遭難のケースで一番多いのは「道迷い」だ。全体の4割を占める。
道に迷う? それこそ低山だと一本道だからあまり起こらないような…。
そう思いがちだからかえって危険なんだ。
一本道と思っていても実はちょっとした脇道は低山のほうが多い。
林業の作業用の道、けものみち、旧登山道など。

少し焦るだけでギャグのような判断をする

僕もいまだに1000mクラスの低山しか行ってなくて、どの山もふもとから山頂まで一本道のイメージしかないので、迷うことなんてないとどこかで思っていました。
でもこの2年だけでも道を間違えて、しばらくルートを外れるなど、軽い道迷いになったことは何度かあります。
一番多いのは、行きは一本道だけど帰りは分かれ道になっている場合です。
登山の経験がないとそんなことあるの?と思うかもしれませんが、わりと頻繁にあります。
Y字路をイメージしてください。
登るとき「Y」の字の上側のどちらから来た場合、逆側の分岐は意識することなく進みます。
しかし、同じ道を戻ってくると、目の前に2つの分岐があることに気づくのです。
あらかじめ分岐を認識していないとどっちから来たか判断するのはかなり厳しいです。
慣れてくると道が合流した時点でどっちから来たかそのとき覚える習慣ができてくるのですが、最初は当たり前のように通り過ぎて帰りに焦るのがお約束です。
そして焦ると、判断力が低下します。
平常時にはありえない判断を簡単にします。

たとえば下の写真を見てください。
DSCF1412.jpg
沢に丸太がかかっています。
どうやって沢を渡りますか?

浅いからそのまま沢の中を歩いていきますよね。
ところが少し焦るとどうなるか。

この丸太の上を渡らないといけない、なんて発想が先に来るんです。
もはやギャグですよね。でも焦るとそうなるんです。

そんな無理難題に対してまた焦る気持ちが強くなるんです。

そんなことを何回か繰り返すと、確実に来た道を戻ろうと思っているのに歩いたことのない別の道に入るなんて奇行を平気で起こします。

あと、間違えた道がそれなりにちゃんとした道だった場合も危ないです。

どっちの道か迷ったとき、「少し行っておかしかったら戻ってこよう」ぐらいの心構えは誰でも持ちます。
が、行ってみると「おかしくない」場合が多いのです。

来たことない道だけど、それなりにちゃんとした登山道。そうなると「これはこれでそのまま行っても最終的に下山できるんじゃ?」と思ってしまうのです。

分からない道を歩いている時点で少し焦ってるので、心理的には「分かる道まで戻ろう」という気持ちより「とにかく早く帰りたい」気持ちが優先しがちです。

そうなると、「戻る」ということをしなくなります。一秒でも早くゴールしたくて、それから遠ざかるようなことはしたくないのです。

帰り道だと日も傾き始めていることが多く、残された時間がないように思い、それもまた焦りを加速させる原因になります。

このように、最初はちょっとの焦りだったのに、そこから小さな負の連鎖がつながって、気持ちの余裕がなくなっていき、当たり前に下山できたはずなのに道を間違えたり、ほんの数メートルでもショートカットしたくなり、ムリな体制になって足を滑らせたり。

意識して見るとわかりますが、1000mクラスの低山でも足を滑らせたら登ってこれないような斜面はわりと普通にあります。登ってこれないだけで済めばいいですが、足を折ったり捻挫したりする可能性は充分あります。

そうなるともう動けません。
迷っていなくてもその時点で遭難確定です。

低山でも遭難の可能性は充分ありえるということ、多少は伝わったでしょうか。

ちなみに登山の遭難原因の内訳はこうだ。

道迷いの次は滑落、転倒…今の遭難発生までの流れを聞いているとどれも結びつきが強いですね。
遭難は若年、高齢、どちらが多いと思う?
道迷いとか怪我が原因の大半ってことはやっぱり高齢者なんですかね。
判断力は弱くなるだろうし、体も若い頃に比べて弱ってるだろうし。
ところが若い人のほうが遭難してるんだな。
そうなん(遭難)だ。
あのさぁ…。
いや、別にシャレじゃないですよ。
わざわざ「(遭難)」って注釈までしておいてどの口が言うのか。
それは筆者が読み手を笑わせようと涙ぐましく努力してるだけで、私の意図じゃないです。
まぁいい。
とにかくこの統計から見て言えることは遭難の原因の大半は「山をナメてる」気持ちが起こしていると言える。
滑落とか転倒は身体能力の低下じゃなくて、さっきの例しかりでちょっとした焦りとか、これくらい大丈夫という気持ちから起こったものが多そうですね。
道迷いもそうだな。
最初から迷うことを想定して、地図やコンパスをきちんと使っている人が迷うケースはあまり聞いたことがない。
「このくらいの山なら地図なくても迷わないだろう」とナメてる人間が迷うんだ。
ここで冒頭のやり取りに戻るわけですね。
そうだ。
低山だから大丈夫なんて心持ちは遭難候補の筆頭だと言っても過言じゃない。
なるほど…。でも保険のメリットがまだよくわからないんですよね。
保険に入らなかった場合のことを考えれば入らずにはいられなくなるだろう。
遭難したらどういう展開になるか想像できるか?
帰ってこないことに気付いた人が警察に電話するかな。
そうだ。そして警察は捜索を始める。
が、山の遭難となると警察だけでは人手が足りない。
遭難は時間との戦いでもある。
民間の捜索隊などと連携して捜索することが多い。
そしてその場合は規模、時間に応じて捜索費用がかかる。
どれぐらいかかるんですか?
一人あたり1日3万円が相場だ。
一回の捜索で何人ぐらい出動するんですかね?
全体で150人ほどだが、そのうち民間は数パーセントだな。
あれ、じゃあ意外と安く…いや、ちょっと待てよ。
数パーセントだと10人ぐらいとして…10人かける3万円…1日30万!?
2日かかれば60万、3日で90万だな。
1日単位で一ヶ月分の給料が…。
だが、それで済めば安いほうだ。
山だと捜索にヘリコプターを使うことも多い。
ヘリコプターは1日3時間で150万円かかる。
150万!?
ヘリと人で1日200万かかることも珍しくないというわけだ。
さっきの話で遭難はわりと簡単に起こりうることがわかっただろう。
それはつまり、200万払う事故がわりと簡単に発生するということだ。
そんなリスク背負って登山楽しめるか?
無謀にもほどがありますね。
だから山岳保険が重要なんだ。重要というかもう悩むレベルにないな。
普通の損害保険みたいにいろんな種類があるんですか?
まず、登山のレベルに応じて「ハイキングレベル」と「本格登山」で分かれる。
前者は適用範囲が限られる代わりに費用が安い。後者は高い代わりにしっかりサポートしてくれる。
契約方法でも2つに分かれる。登山の度に単発で契約するタイプと、年間など一定期間契約するタイプだ。
ツアーなどでは前者が多い。趣味で登山を続けるために契約するなら年間契約がいいだろう。
まずは単発契約の保険を紹介する。

【モンベル 野あそび保険】
【ドコモ ワンタイム保険】
【Yahoo ちょこっと保険山大好きプラン】
【三井住友VISAカード ポケット保険トレッキングコース】
【ソフトバンク スポーツ・レジャー保険】

数百円で入れるんですね。これならあまり悩まなくてもとりあえず入ってみようと思えますね。
次は年間契約だ。

【モンベル 野外活動保険】
【レスキュー費用保険】
【日本山岳協会 共済会】
【日本山岳救助機構会員制度(略称「jRO(ジロー)】

高いかと思ったけど月あたりで考えると意外とそうでもないですね。
もっと何万円もかかるかと思ってた。
山登りだけに範囲が限定されているからというのもあるが、日常生活に比べるとリスクは比較にならないぐらい高いから決して石橋叩きなんかじゃない。
さらに山岳保険と言っても日常生活のケガなども保証範囲に入っているものもあるから調べてみるといい。
逆にすでに加入している損害保険でサポートされている部分を山岳保険の補償範囲から外すことで費用が抑えられることもある。
そのあたりは自分が加入している保険と見比べながらうまく選んでくれ。

日常でも使えるものがおすすめ

宣伝みたいになりますが、僕は「Yahooちょこっと保険」に入っています。
月340円と最安でありながら、救援車費用(捜索費用)は500万円まで補償されます。
さらに、登山に限らず、日常のケガ、入院、携行品損害、個人賠償までサポートされます。
冬は登山ではなくスノーボードをするのですが、スノーボードの怖いのは他人をケガさせるリスクが高いことです。
この保険ならそれもサポートされます。
また、登山には一眼レフを持っていくのですが、これが壊れたときにもこの保険でサポートできます。
注意しないといけないのは、「山岳登攀」は保険の対象外となることです。
つまり、ピッケルやアイゼンを使うような本格的な登山はサポートされません。安価な保険はこのパターンが多いのでこの点は確実にチェックするようにしましょう。
とは言っても僕の登山ではそんな本格的な登山は当分予定はないので問題なく、実際に2回ほど保険を使いたい場面がありましたが、どちらもしっかりサポートしてもらい、改めて保険のありがたみを実感しました。
保険は本当に大事ですね。

広告
公開日:
↑
single-start