組み合わせ次第で七変化!SOTO「サーモスタットクッカーコンボ」

SOTOからおもしろいアイテムが出たぞ。
SOTOですか?バーナーで有名なメーカーですよね。
そうだ。今日紹介したいのはクッカーだけどな。
「サーモスタットクッカーコンボ」だ。
ん? なんだ、ただのクッカーセットじゃないですか。
たくさんあるけどスタッキングできてコンパクトにまとまるってやつでしょ?
よくあるやつですよ。
甘いな。
サーモスタットクッカーコンボの面白さはそんなところじゃない。
組み合わせ次第でいろいろ変幻自在なクッカーになるんだ。
変幻自在?
どういうことですか?
ポイントは付属のジョイントパーツにある。
たとえば、厚みの違う「マグ350」と「マグ400」。
マグ350をマグ400の中に入れて、ジョイントパーツで接合すれば、即席のダブルウォールマグになるんだ。
おお~、これおもしろいですね!
そうだろ。
このマグ400は単品でも高品質なクッカーとして使えるんだ。
チタン製だから単品でシングルウォールのクッカーとしても充分使える。
へー、いっぱいセットになってるやつって1つ1つは安っぽかったりしがちですけど、そのあたりはさすがSOTOですね。
本来のダブルウォールマグというのは中が真空になっていることで高い保温、保冷効果を持っているので、それには及ばないが、それでもただのシングルウォールとは全然違う。
そして、これならではのいいところもある。
それは中のマグ350だけ取り出して加熱できるということだ。
あ、そうか!
ダブルウォールマグだと直接加熱しても機能が災いして熱が伝わらないですからね。
すぐ加熱できるっていいですね。
コーヒーを淹れるときもいいぞ。
クッカーでコーヒーを飲もうとするとお湯を入れる容器とコーヒーを淹れる容器2つが必要になる。
なるほど、サーモスタットクッカーコンボなら、外側のマグ400でお湯を沸かして、内側になるマグ350にコーヒーを入れれば、それだけで完結するんですね。
そういうことだ。
そして、飲んでる間に冷めたら、中身だけ取り出してバーナーで温めればいい。
わー、なんかかゆいところに手が届く感じがいいですね。
できそうでできなかったことをサラッとやってのける感じ。
一番外側のマグ750はSOTOのシングルバーナーとガス缶がきっちり収まるサイズになっている。
そこはクッカーですごく大事なところですね。
これが収まらないだけで荷物2倍になりますからね。
この手のスタック系のクッカーというのはパーツが多い分、移動時にかちゃかちゃ音がうるさいのが難点だ。
そうですね・・・間に布をはさんだりして対処することもありますが、結局面倒でモヤモヤしながら我慢してるところがあります。
このサーモスタットクッカーコンボはそれにも対応している。
マグ400を逆さまに入れるんだ。
それだけで、音を中に閉じ込める形になるから、静音効果が期待できる。
おおー、なるほど!
ちょっとしたことですけど、意外とやろうとしてもできないんですよねそういうの。
ちゃんと考えてるからこそできるんでしょうね。
組み合わせて使うことばかり強調してるが、もちろん単品で使っても高い品質を持っている。
例えば夏など保温性が必要ないときには、マグ400だけで軽快に、寒い冬には組み合わせて、と、その時の状況に応じて使い分けることができるのがサーモスタットクッカーコンボの懐の深さだ。
自分に合った使い方を見つけてくれ。
広告
公開日:
↑